RAKULIA NEWS
ラクリアが役に立つ登記情報をお届けします!
個人事業主商号登記法人証明書登記事項証明書開業開業届

【法人向け】登記簿謄本とは?

Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツイート

登記簿謄本とは、登記記録が記載された登記用紙を複写したもののことです。
登記簿謄本と登記事項証明書は名称が異なるだけで、どちらも証明内容は同じです。
名称の違いは、「登記所が登記事務をコンピュータ処理しているか否か」にあります。

登記事務をコンピュータで処理していない登記所:

登記事項は磁気ディスクに記録されている。
その内容を用紙に印刷・証明したものを登記事項証明書と言う。

登記簿謄本という名称は、登記情報が紙で処理されていた時代に使われていたものです。
現在では言葉だけが残り一般的に広く使われています。
また、登記簿謄本は法務局で誰でも取得でき、登記簿に登録されているデータはインターネットで閲覧できます。

スマホでカンタンに登記変更!
ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」
 

スマホ・PCから「簡単」「スピーディー」「低価格」で商業登記申請書類を作成できる便利なサービスがあるんだ! 

 
え~?スマホ・PCから「簡単」「スピーディー」「低価格」
 

そう!便利なラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」を活用することで、法務局に足を運ばなくても自宅やオフィスに居ながら商業登記の申請が可能なんだ!

 
え?法務局に行かなくてもいいの?それは便利だね~!
 

便利なのは勿論、何といっても登記申請に精通した司法書士監修だからとっても安心なんだ!

 
 

それは安心だね!

 
 

ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」の詳細はこちら! 

役員変更の登記を申請が必要になったら、是非皆さんも活用してくださいね!