RAKULIA NEWS
ラクリアが役に立つ登記情報をお届けします!
一部事項証明書代表者事項証明書全部事項証明書履歴事項全部証明書履歴事項証明書登記登記事項証明書登記変更閉鎖事項証明書

法人証明書とは?

Share on facebook
シェア
Share on twitter
ツイート

法人証明書とは、登記簿謄本全般や印鑑証明書等の法人に関する証明書全般を指します。
今回は、法人証明書のひとつである登記事項証明書について紹介します。
登記事項証明書には次の4種類があり、証明すべき内容によってそれぞれ使い分けをします。


(1) 履歴事項証明書「現在の登記内容」と「交付請求した日の3年前の年の1月1日以降の変更履歴」が記載されている。
登記事項証明書の中で一番情報量が多く、使う頻度が高い。
(2) 現在事項証明書「現在の登記内容」のみが記載されている。
履歴事項証明書と比較して情報量が少ないため、提出を求められることはほとんどない。
(3) 閉鎖事項証明書履歴事項証明書に記載がされない交付請求した日の3年前の年の1月1日より前の古い変更履歴等が記録されている「閉鎖登記簿の内容」が記載されている。
(4) 代表者事項証明書会社の現任の代表者に代表権があることを証明するための証明書。
会社法人等番号や商号等、履歴事項証明書の内容と重複していることから、提出を求められることはほとんどない。
スマホでカンタンに登記変更!
ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」
 

スマホ・PCから「簡単」「スピーディー」「低価格」で商業登記申請書類を作成できる便利なサービスがあるんだ! 

 
え~?スマホ・PCから「簡単」「スピーディー」「低価格」
 

そう!便利なラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」を活用することで、法務局に足を運ばなくても自宅やオフィスに居ながら商業登記の申請が可能なんだ!

 
え?法務局に行かなくてもいいの?それは便利だね~!
 

便利なのは勿論、何といっても登記申請に精通した司法書士監修だからとっても安心なんだ!

 
 

それは安心だね!

 
 

ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」の詳細はこちら! 

役員変更の登記を申請が必要になったら、是非皆さんも活用してくださいね!